C'est le cri du coeur.
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
  1. Edit
  2. Permalink
  3. |Category:スポンサー広告
低迷してます、低迷してます。
低迷という言葉も借物だけど。そんなきれいな言葉でわたしは埋め尽くされて等いない。

今、無意味に、ぶくぶくと言いたいわ。
ぶくぶく、下に沈んでいくの。
見つけて、と周りを何度も見るの。
動かなきゃならないのは、自分だった。
少し動けば見えたでしょう。

自己責任だけではいけないのではないか、と理想は言う。
現実は笑う。だってそうでしょう。そんなふうにはできて等いないわ。
そんなふうに作りたいのは弱者の言い分でしょう。そうよ、結局は。
こうしてわたしは気付くことばかりね。そんなの当の昔から知っていたはずよ。
あなたに言われなくてもわかっているわよ。この世界を知っていることをなめないで。

かっこよく描こうとすればするほど、活性化するのでしょう。
どうしてそれを非と捉えるの。そこで動いてはいるのよ。ぐるぐる。
ぶくぶくよりましでしょう。ぶくぶくから広がった。なんて、面白い世界。

どうやらわたしの習ったことは規範のようだ。では科学が正しいのか。
科学を非と見るのが文学だろう。そんなの冷たいと嘆くのが哲学だろう。

人間には限界があると言った。確かにそうだ。キャパはある。
そのお皿だと誰が決めた?変わる方法は等分だけではないだろう?
お皿ごと変えてしまうという手があるだろう?間違ってはいないだろう?
パンクばかり繰り返したら傷つく自転車とは、人間は違うだろう?
そのように可能性を認めてることはこれまた非なのか? 否。

今、わたしはわたしをまた認めることができたよ。ありがとうこの世界。

さて原点回帰を始めよう。どこから先程は始まったか。
ああそうだろう。わたしの愚言が発端だろう。発端はそこか? 笑止。
ではどのように先を見つめるというのだ。またどうせ打ちひしがれるのであろう?

わかっているのでしょう、答えは、明日だと。
明日また上り詰めていかなければならないのよ。
それをする余裕はあるでしょう? ほらあの人みたいに、前みたいに、
いつでも私を見つめてごらんよ。汚いなんて抜きにして。鋭い矛先を見つめてごらん。
どうせ考えるんだから。ここで考えなさいと、また今日も自覚するのね。

ありがとう、この世界。
さて疑問。シュールレアリスムはどこからであろう?

素敵すぎて、笑ってしまうわ。
スポンサーサイト
  1. Edit
  2. Permalink
  3. |Category:徒然
  4. コメント:0
  5. トラックバック:0









:

トラックバックURL
http://brokenheaven.blog37.fc2.com/tb.php/97-3035aafd
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。